歯周外科(保険診療)

確実に歯石を除去する治療

進行してしまった歯周病の歯は、大量の歯石が歯の根の深いところまで付着します。歯周外科は、スケーリングでどうしても取りきれない場合に、麻酔をして歯肉を一時的にめくり、歯の根を見える状態にして確実に歯石をとる治療法です。

オープニングキャンペーン中

新規開院に伴って期間限定のオープニングキャンペーンを実施致します。
来院者全員25%OFFと大変お得です。ぜひこのタイミングでご来院下さい。
※保険診療は割引適用外になります。
詳細は本ページを読み進めて、施術料金の説明箇所にてご確認下さい。

歯周外科治療の概要

歯周病の症状が重度な患者さまなど、歯ぐきの基本治療での歯石の除去が難しい場合、歯科医師による外科的な歯周病治療を行っていきます。

歯周外科治療には、保険診療で実施できる歯ぐきを切り開いて歯石や歯周病菌に感染した組織を除去するフラップ手術が代表的です。

歯石などを除去した後、歯周病によって溶けてしまった骨と歯周組織の形態をできるかぎり元の状態に回復させる歯周組織再生療法(GTR法)などもありますが、こちらは自費診療となります。

歯周病について

歯周病(歯槽膿漏)は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が不十分だと細菌が停滞し(歯垢の蓄積)、歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり腫れたりします(歯肉炎)。痛みはほとんどの場合ありません。

また、歯垢が蓄積して歯石化して放置すると、この中や周りに更に細菌が入り込んで毒素を出し続けて、歯周病が進行します。
歯肉炎の症状が悪化すると歯周炎となり、歯と歯肉の境目が深くなり(歯周ポケット)、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしないといけません。

こんな方におすすめ

  • 歯周病が進んでしまっている
  • 歯肉から出血する
  • 歯肉が晴れている

当院の特徴

複数の無痛鎮静治療

当院では、歯科治療に不安のある方、快適に治療を受けたいとお考えの方に、複数の鎮静法を併用した歯科治療を提供しております。

この鎮静法とは意識がなくならない程度に気分を落ち着かせ、うたた寝をしているような、不安のないリラックスした状態で治療を受けていただくことができる方法です。感じ方に個人差はありますが、実際に受けられた患者様の満足度は非常に高く、「あっという間に治療が終わった」「寝ている間に治療が終わっていた」という方がほとんどです。
一般的な「静脈内鎮静法」の他にも点滴を使用しない「筋肉内鎮静法」や、内服による「経口鎮静法」など複数の鎮静法が選択可能なため、患者様の体調やご希望に合わせた最適な方法をご提案させていただきます。(自費の場合のみ)

グループ9医院の豊富な実績

当清翔会グループは、歯科を東京・名古屋で合計8医院、美容皮膚科を東京に1院(代官山の同ビル)を展開しており、豊富な症例や体制が整っています。

また、代官山は同ビル地下1Fに美容クリニックも併設しているので、歯科治療を受けている間に美容点滴など、平行施術を受けることが可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

施術料金

項目 備考 価格
Coming soon...

※❶ 価格は全て税抜き価格で記載しています。

オープニングキャンペーン中

新規開院に伴って期間限定のオープニングキャンペーンを実施致します。
来院者全員25%OFFと大変お得です。ぜひこのタイミングでご来院下さい。
※保険診療は割引適用外になります。
詳細は下記ページにて、ご確認下さい。

施術概要

項目 説明
当日施術 カウンセリング当日に治療可
施術時間 治療内容により変動
麻酔 あり
術後の症状 数日間、歯茎の腫れ・痛みあり

施術の流れ

項目 説明
➀歯周病検査 歯周組織の状態を検査します。
➁局所麻酔 処置中の痛みを和らげるために麻酔を行います。
➂歯茎の切開 最小限の範囲で歯茎に切開を入れます。
➃歯茎の治療 症状にあった治療を施して、細い糸で傷口を縫合し、処置終了となります。

一般歯科

  1. 虫歯治療(保険診療)

    虫歯の進行度は虫歯の進行度はC0〜C4の5段階で表されます。C0が虫歯の初期段階で、進行具合が最も悪いのがC4です。それぞれの進行…

  2. 歯石除去(保険診療)

    歯石とは、プラーク(歯垢)が固まってしまったもののことです。歯磨きで磨き残したプラークが時間の経過とともに石灰化して歯石になります…

  3. 歯周外科(保険診療)

    進行してしまった歯周病の歯は、大量の歯石が歯の根の深いところまで付着します。歯周外科は、スケーリングでどうしても取りきれない場合に…

  4. 歯周再生療法