奥歯のインプラント治療を現役歯科院長が徹底解説!

インプラント

奥歯のインプラント治療を現役歯科院長が徹底解説!

「自然な噛み心地」を取り戻したい方に、インプラント治療は向いています。

審美性はもちろん、機能性や違和感の少なさなど、インプラントにはメリットが沢山存在しますが、デメリットがあることも忘れてはいけません。

今回は、奥歯のインプラント治療のメリットとデメリットにくわえ、注意点や治療の痛み、かかる費用についてもくわしくまとめました。

奥歯のインプラントをご検討中の方や、できるだけリスクを回避したい方は、ぜひご参考ください。

奥歯のインプラント治療で気を付けるべきこと

奥歯のインプラント治療で気を付けるべきこと

奥歯のインプラント治療で気を付けるべきことは、「大きな神経や動脈を傷つけないこと」です。

傷をつけてしまうと、軽度で済む場合もありますが、なかには取り返しのつかない結果につながることもあります。

リスクを限りなくゼロにするためにも、事前の歯科用CTを用いた精密検査が必要です。

歯科医院を選ぶ際は、その点にも注意してみるようにしましょう。

奥歯のインプラント治療のメリットとデメリット

奥歯のインプラント治療のメリットとデメリット

奥歯は、「食べ物をすりつぶす」という大切な役目を持っています。

どんなに良い入れ歯を作ったとしても、天然歯のように力強く噛むことはできません。

違和感が少ないといわれるブリッジも、噛むことで支えとなる両端の歯には負担がかかります。

単体であるインプラントは、天然歯のように力強く噛むことができ、ほかの歯に負担がかからないため、奥歯の処置としては最適だといえます。

しかし、残念ながらメリットだけではありません。

デメリットも合わせて把握して、納得のいく治療を心がけましょう。

奥歯のインプラント治療のメリット

奥歯をインプラントにするメリットは、噛み合わせが安定する点と、ほかの歯を削らずに噛む機能を復活させることができる点です。

歯を失ったあとに行う処置には、インプラント以外にも入れ歯やブリッジがありますが、もっとも天然歯に近い使い心地なのがインプラントです。

【しっかり噛むことができる】

顔の筋肉のバランス維持や、食べ物の栄養をしっかり吸収するためには、「食べ物をすりつぶす」という動作が非常に重要です。

左右で噛むバランスが異なると顔の歪みにつながり、関連する首や肩の筋肉にまで負担がかかります。

また、しっかり食べ物をすりつぶすことができなければ、消化不良を引き起こすリスクが高まるため、注意が必要です。

噛み合わせは、全身の健康に影響するといっても過言ではありません。

【発音しやすくなる】

入れ歯は違和感が大きいため、慣れるまでに時間がかかり、発音も悪くなりがちですが、インプラントは違います。

口の中の違和感はほとんどなく、発音にも影響しません。

むしろ、歯がないときにくらべると、発音がよくなったと感じることでしょう。

ブリッジも違和感が少ない治療法ですが、ほかの歯を削らなければ治療ができないという大きな欠点があります。

奥歯のインプラント治療のデメリット

奥歯のインプラント治療で最も気をつけなければいけないことは、神経や動脈を傷つけないことです。

下顎には、歯下槽神経(かしそうしんけい)とよばれる大きな神経と舌動脈が存在します。

神経を傷つけてしまうと、口周りを中心に麻痺がおこり、最悪の場合は麻痺が一生続くことになります。

また、舌動脈を傷つけてしまうと、致命的な出血を引き起こす可能性があります。

神経や舌動脈を傷つけないためには、精密検査のデータをもとにインプラント体を埋める深さや角度を正確に見極めなくてはいけません。

歯科用CTが欠かせないため、歯科医院を選ぶときはその点もふまえて決めることをおすすめします。

【顎骨が足りないときは骨造成が必要】

骨造成とは、失った骨を増やす処置のことを指します。

虫歯や歯周病で多くの骨を失うと、インプラント治療を行うことができません。

無理に治療をすすめてしまうと、神経や動脈の損傷、上顎の場合だとインプラント体が骨の外にでてしまう恐れもあるため、非常に危険です。

骨造成をするには別途料金が必要ですが、トラブルを回避するためには仕方のない出費といえるでしょう。

奥歯のインプラントの痛みについて

奥歯のインプラントの痛みについて

手術中は麻酔をしているため、痛みはありません。

しかし、術後に痛みをともなう可能性はゼロではなく、特に骨造成をした場合は、痛みや腫れがおこりやすい傾向にあります。

鎮痛剤の服用でおさえられる程度の痛みなので、ご安心ください。

痛みや腫れのピークは3日後が多く、徐々に症状が弱くなり、1週間前後で落ち着きます。

奥歯のインプラント治療の費用

奥歯のインプラント治療の費用

インプラント治療は、保険適用ではありません。

自費診療となるため、歯科医院によってかかる費用が異なります。

奥歯のインプラント治療の費用相場は、30万円~40万円(税込)前後で、それにくわえて上部構造をセットするまでに使用する仮歯代や、術後の消毒代、メインテナンス代が別途必要です。

【骨が足りないときは骨造成の費用が追加される】

骨造成が必要な場合は、別途費用がかかります。

インプラント治療をご検討中の方で、重度の虫歯や歯周病に罹患している方は、骨造成の費用も含めてご準備なさることをおすすめします。

骨造成の費用相場は、5万円〜30万円(税込)前後です。

奥歯のインプラント治療のまとめ

奥歯のインプラント治療のまとめ

奥歯のインプラント治療には、事前の歯科用CTを用いた精密検査が欠かせません。

大切な神経や動脈を傷つけないためにも、正確な診断と治療計画が必要です。

骨が足りない状態ではリスクが高くなるため、骨造成も視野にいれてお考え下さい。

当院では、難しい奥歯のインプラント治療も、承っております。

丁寧な精密検査と確かな診断でリスクを限りなくゼロに近づけて、患者様にご納得いただけるよう全力を尽くしています。

奥歯のインプラント治療をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。