ブリッジの治療費用はいくら?保険も使える?歯科医院の現役院長が徹底解説

歯のブリッジ インプラント

ブリッジの治療費用はいくら?保険も使える?歯科医院の現役院長が徹底解説

何らかの理由で失ってしまった歯のスペースを補うために、両隣の歯を土台にして、欠損した所を埋める被せものを「ブリッジ」といいます。

ブリッジは歯科用接着剤で土台となる歯に直接取り付けるため、義歯(入れ歯)のように取り外しがなく、違和感も比較的少ないと言われている被せものです。

ブリッジ治療をすることで、失った歯のスペースが簡単に補えるため、インプラントのように大掛かりな治療ではなく、シンプルな治療で終えられることは患者さんにとってメリットの1つと言えるでしょう。

しかし、一方でブリッジを取り付けるためには、欠損歯を補うために土台となる両隣の歯を土台の形になるように削る必要があります。

そのため、仮に両隣の歯が健康な歯(健全歯)であれば、これまで自分自身がせっかく健康に保ってきた歯に手を加えて削合しなければならず、患者さんによってはダメージとなる場合もあります。

今回は、そんな「ブリッジ」について患者さんが少しでも安心して治療を選択できるように、費用や保険も兼ね合わせながら解説します。

保険のブリッジについて

保険のブリッジについて

欠損した部分を補うことで、噛む機能を再び取り戻せるブリッジ治療は、保険が適用されることを理由に選択する患者さんも多いです。

実際、歯科治療に保険が効くと効かないでは治療費用に差が出ることがほとんどのため、治療法や使用する歯科材料が選択できるのであれば、歯科医師とよく相談をして、負担がかからない納得のいく治療方法を選択することが望ましいでしょう。

奥歯の保険のブリッジの費用

では、実際に部位別で保険が適用されるブリッジを比べてみましょう。

まず、奥歯の保険適用ブリッジの場合は、全体的に金属を使用したブリッジになります。いわゆる「銀歯」といわれるタイプです。

ただし、欠損している歯の部分だけは、過度な力が加わらないように軽量化され、表面にレジンを用いて作られます。

金属のブリッジのメリットとしては、全部が金属なので頑丈で割れにくく、かつ保険適応なので費用が抑えられる点が挙げられます。

一方で、デメリットとしては金属の色が目立ちやすいことや、時間が経つにつれて金属の劣化が起こり、金属が錆びて口腔内に溶け出し、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性があります。

奥歯の保険適用ブリッジの費用相場は、装着時、健康保険3割負担で1万円(税込)ぐらいと見込まれていますが、上の歯か下の歯か、ブリッジにする歯の本数などによっても費用が変わったり、初診料や再診料、歯の治療や歯型取りなどの費用は別途かかることも覚えておきましょう。

治療する歯の症状や状況で、ブリッジを装着するまでの治療内容が一人ひとり異なるため、確実な費用が幾らかかるかは、断言できないのが実際のところです。

このことから、費用や治療内容などの不明点はうやむやにせず、不安なことや分からないことがある時には担当歯科医師に質問をして、納得のいくスムーズな治療を受けましょう。

前歯の保険のブリッジの費用

つぎに、前歯の保険適用ブリッジの費用についてです。

前歯のブリッジの場合は、奥歯に比べて見栄えを意識する患者さんも多いので、ブリッジの表側は歯科用レジンを貼り付けた白い見た目、裏側は金属の仕上がりになります。

前歯の保険適用ブリッジのメリットとしては、歯科用レジンとはいえ、見た目がまわりの歯と同系色の白い歯に保険適用の範囲内でできる、ということでしょうか。その一方でデメリットとしては、歯科用レジンの部分が時間が経つにつれて劣化しやすく、黄ばみなどの変色が現れることがあります。

さらに、白い部分が剥がれ落ちることで強度が弱まり、ブリッジが欠けたり、裏側の金属が見えてくることもあります。

また、奥歯の保険適用ブリッジと同様、材料に金属を使用していることから、長年経つと金属が錆びて溶け出し、歯や歯ぐきが変色したり、金属アレルギーなどを引き起こすことがあります。

前歯の保険適用ブリッジの費用相場は、ブリッジ装着時、健康保険3割負担で2万円(税込)ぐらいが見込まれていますが、ブリッジにする歯の本数や上の歯か下の歯かなどによっても費用が変わったり、初診料や再診料、歯の治療や歯型取りなどの費用は別にかかることも覚えておきましょう。

ブリッジにする歯の症状や状況により、装着までの治療内容が患者さん一人ひとりで違うため、確実な費用が幾らくらい、とはお答えできないのが実際のところです。

このことから、 不明点などがある場合には、担当歯科医師とよく相談をして納得のいく治療を受けましょう。

自費のブリッジの費用について

自費のブリッジの費用について

さて、ここまで保険適用のブリッジについてお話ししてきましたが、自費のブリッジをご検討されている方もいると思います。

保険適用ブリッジと比べて見栄えの良さや強度など、魅力的なことがある一方で、気になるのは費用という方もいるのではないでしょうか。ここでは、自費のブリッジ費用相場についてご紹介します。

奥歯のブリッジの費用

前歯に比べて、奥歯は噛む力が強くかかるため、強度の強い材料でブリッジを作る必要があります。

例えば、「ジルコニアセラミック」という材料は、耐熱性や人体によく馴染む(生体親和性)などの利点を持つことから、近年注目されている材料です。

ジルコニアセラミックは、金属を一切使用しないので審美性が高く、金属アレルギーの患者さんにも安心して使用することができます。

自費で作るブリッジは、それぞれの材料や歯科医院によって費用にバラつきがあるため、確実な費用は言えませんが、奥歯のブリッジでジルコニアセラミックを使用した場合は、10万円(税込)前後が装着時の相場です。

初診料や再診料、歯の治療や歯型取りの費用は含まれていないので、別途かかることを覚えておきましょう。

前歯のブリッジの費用

前歯は目に付きやすいことから、奥歯よりも審美性を求める方が多い傾向にあります。

特に、まわりの歯と遜色なく調和するブリッジを希望する患者さんが多いため、より自然体なブリッジを作成することができる材料選びが重要です。

例えば、まわりの歯と自然に馴染むことで知られる「セラミック」は経年劣化しにくく、汚れが付きにくいという利点があります。

奥歯の自費ブリッジ同様、選択する自費ブリッジの材料や歯科医院によって費用が違いますが、相場として20万円(税込)になるケースが多いようです。

ただし、初診料や再診料、歯科治療、歯型取りなどの費用は別途かかることを覚えておきましょう。

ブリッジはどのくらい持つの?

ブリッジはどのくらい持つの?

材料劣化が懸念される保険ブリッジの寿命は、平均で約8年と言われています。

ただしこれは、必ずしもそういうわけではなく、臨床的には10年、20年を超えてもなおブリッジを問題なく装着している患者さんも沢山います。

ブリッジの寿命は、ブリッジの材料や強度だけではなく、患者さん自身の日常的なブラッシングやケアの仕方でもブリッジの寿命に影響すると考えられます。

特にブリッジのダミー(ポンティック)の下は、食べカスや汚れが溜まりやすいので、歯ブラシの他に歯間ブラシや専用フロスなどの補助用具も使ってしっかりと清掃することがブリッジを長持ちさせるカギといえます。

ブリッジの費用についてのまとめ

今回は、ブリッジを費用面からご紹介しました。

保険適用のブリッジでも奥歯か前歯かによって費用が変わったり、全面金属の奥歯に対して、前歯では部分的に審美性を補えたりとそれぞれ違いがあります。

一方で、自費ブリッジは費用面で保険のブリッジと比較するとかなり高額ですが、強度や審美性、自然に体と馴染むかなど、自分が求めている段階に合わせた材料のブリッジが装着できるため、選択肢が広がります。

それぞれにメリットがあり、デメリットもありますが、共通して言えることは、日常のブラッシングでブリッジが長持ちするかが決まると言ってもいいほど、患者さん自身の口腔内ケアの頑張りは必要不可欠と言えるでしょう。

ブリッジを検討されている方は、まずは歯科クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。