インプラントの治療費用はいくら?料金相場を歯科医院の現役院長が徹底解説

インプラント

インプラントの治療費用はいくら?料金相場を歯科医院の現役院長が徹底解説

インプラント治療は、その治療費の高さから躊躇する方も少なくありません。

できるだけ安く治療が受けられる場所を探す方も多いですが、設定されている金額にはかならずそれ相応の理由が隠されています。

しっかりと見極めるためにも、インプラント治療の相場は最低限把握しておきましょう。

信用できる歯科医院の特徴や、支払い方法の種類についても詳しくご紹介いたします。

インプラント治療をご検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

インプラントの費用相場はいくら?

インプラントの費用相場はいくら?

インプラント治療は、歯科医院によって費用に差があります。

何本打つかでもかかる費用は変わってくるため、お口の中の状況と照らしあわせて計算してみてください。

必ずしも「高ければいい」「安いと危ない」というわけではありませんが、相場や周囲の歯科医院よりも安すぎるのは注意が必要です。

費用が高い場合は、実績があるためプライドを持って治療を行っているケースや、土地代が関係していることもあります。

地方よりも都心の方が高いのはそのためです。

1本あたりのインプラントの費用

1本あたりのインプラントの費用相場は、約20万円〜40万円(税込)前後です。
歯科医院によっては、20万円(税込)以下であったり、50万円(税込)以上かかることもあります。

【内訳をチェックしよう】

インプラントの費用があまりにも安すぎる場合は、以下の費用が別途かかる可能性があります。

費用を伝えられたら、まずは内訳を確認しましょう。

  • 治療前の検査や診断費用
  • インプラントの手術費用
  • 骨を増やす場合にかかる追加の手術費用
  • 手術で必要なオプション費用
  • インプラントの最終的な被せ物(上部構造)にかかる費用
  • メンテナンス費用

全額をインプラントでやる場合の費用

単純に1本あたりのインプラントの費用が本数分かかります。

例えば、1本あたり35万円(税込)の場合、片顎12本であれば420万円(税込)、上下顎24本だと840万円(税込)必要です。

あくまで目安ですが、決して安い金額とはいえません。

インプラントには保険が適用されない

インプラントには保険が適用されない

インプラント治療は、自費診療です。

保険が適用されないため、歯科医院によって費用に差があり、実績や土地代なども含めて患者様自身が「信頼できる歯科医院」かどうかを見極めなくてはいけません。

信頼できる歯科医院の特徴をご紹介しますので、ぜひご参考ください。

【信頼できる歯科医院の特徴】

  • しっかりとした実績がある
  • 症例を提示してくれる
  • 感染対策に力を入れている
  • 器具や機材が最新または整っている
  • 質問にスムーズに答えてくれる

インプラントと入れ歯とブリッジの費用の比較

インプラントと入れ歯とブリッジの費用に比較

虫歯や歯周病で歯を失った後の処置には、インプラントの他に入れ歯やブリッジがあります。

費用相場としては、入れ歯の場合だと部分入れ歯か総入れ歯によって異なり、部分入れ歯は約1,200円〜7,500円(税込)前後、総入れ歯は約3,000〜9,000円(税込)前後です。

ブリッジの場合だと約1万円~2万円(税込)で、本数が増えるにつれて費用は高くなります。

入れ歯もブリッジも保険適用と自費のものが存在しますが、インプラントは自費のみであるため、他の処置とくらべて費用が高めです。

インプラントのお支払について

インプラントのお支払について

高額治療であるインプラントは、支払い方法にもいくつか種類があります。

インプラント治療が医療費控除の対象だと知らない方も、実は珍しくありません。

無理なく治療をはじめるためにも、支払い方法については事前に把握しておきましょう。

歯科医院によっても異なることから、一度問い合わせてみることをおすすめします。

医療費控除

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までを対象に、ご自身または生計を一にする配偶者や親族のために支払った医療費が一定額を超えた場合、その額と総所得金額をもとに計算された額の所得控除が受けられるという制度です。

医療費控除を受ける条件として、支払った医療費の合計が「10万円」または「総所得金額の5パーセント」を超えることが挙げられます。

【医療費控除の計算式】

(医療費の総額)-(保険などで補填された額)-(所得額の5パーセントもしくは10万円)=控除額

仮に総所得金額(年収)が400万円の場合、30万円のインプラント治療を受けると4万円が戻ってくることになります。

デンタルローン

デンタルローンとは、治療費を金融機関などに立替てもらって支払う方法です。

審査に通過すると利用が可能で、一括支払いでなくても自費診療が受けられるメリットがあります。

デメリットとしては、返済時に利子が上乗せされる点です。

しかし、手元にまとまったお金がなくてもインプラント治療を受けることができ、月々の支払いに設定できることから、金銭的なストレスを抱えずに済むと人気があります。

インプラント治療費についてのまとめ

インプラント治療費についてのまとめ

インプラントの治療費は決して安いものではありません。

入れ歯やブリッジの方が支出は少なく済みますが、審美性や機能性などインプラントには費用が高いだけのメリットも数多く存在します。

医療費控除やデンタルローンなどを利用し、賢く治療を受けましょう。

そうすることで、心身共に満足できる結果に繋がります。

信頼できる歯科医院の特徴についても、ぜひご参考ください。

インプラントを検討されている方は、まずは歯科クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。