ラミネートべニアは歯の表面のみを削る治療!メリットとデメリットについても徹底解説

審美歯科 ラミネートべニア

ラミネートべニアは歯の表面のみを削る治療!メリットとデメリットについても徹底解説

「歯の寿命を短くせずに、見た目を美しくしたい」と思ったことはありませんか?

ラミネートベニアは通常の被せ物とは違い、歯を大きく削らずに白くしたり形を変えたりすることが可能です。

神経をとる必要がないことから、歯の寿命を短くしたくない方にとってはピッタリな治療といえるでしょう。

今回は、そんなラミネートベニアのメリットとデメリットについて詳しくまとめました。

歯を大切にしながら美しい見た目を手に入れたい方は、ぜひご参考ください。

ラミネートベニアの治療方法とは?

ラミネートベニアの治療方法とは?

ラミネートベニアは、歯の表面を薄く削って、セラミックのシェルを貼り付ける治療法です。

大きく削るわけではないため麻酔をする必要がなく、神経を失った歯でも白くすることができます。

白さを自由に選ぶことができて、天然歯のような透明感のある見た目に仕上げることも可能です。

また、歯と歯の間の小さなすき間を閉じたり、歯の形を少し変えたりすることもできます。

費用は1本単位でかかり、審美目的で行われるため保険は適用されません。

ラミネートべニアはこんな方におすすめ

ラミネートべニアはこんな方におすすめ

主に歯の見た目を美しくする目的でおこなわれ、ホワイトニングの効果が出にくい神経を抜いた歯や、大きく削る被せ物はしたくないという方に向いています。

歯の表面に貼り付けるだけの治療ですが、普通に使っていれば10年以上は使えます。20年近くもつ方も珍しくありません。

全体を被せるセラミック治療の場合、治療のために歯の神経を取る可能性もゼロではないため、歯をできるだけ長く使い続けたい方には、ラミネートベニアの方がおすすめです。

金属を含まないことから、金属アレルギーの方にも向いている治療といえます。

【すき間を矯正治療なしで閉じられる】

「歯と歯の間のすき間を閉じたいけれど、矯正治療をする費用がない」という方は、決して少なくありません。そのような方にもラミネートベニアは向いています。

小さめのすき間であれば貼り付けるシェルの大きさを調整して、すき間を閉じることができます。

矯正治療よりも費用が安く、治療期間も大幅に短くできるためおすすめです。

ミネートべニアのメリットとデメリット

ミネートべニアのメリットとデメリット

ラミネートベニアは非常に便利な治療ではありますが、残念ながらデメリットも存在します。

納得して治療を受けるためにも、両方を正しく把握しておきましょう。

【ラミネートベニアのメリット】

①見た目をすぐにきれいにできる

歯の白さや形をすぐに変えることができるため、できるだけ早く効果を感じたい方にはピッタリな治療といえます。

②麻酔なしで治療可能

麻酔なしで審美性を高めることができます。痛みに弱い方もお気軽にご相談ください。

③1本から治療ができる

矯正治療やホワイトニングのように多くの本数を一気に治すのではなく、1本から治療ができるため、かかる費用に無駄を感じません。

特定の歯のみが気になる方には、とくにおすすめの方法といえます。

④歯の寿命を維持することができる

歯の神経を抜く必要がないため、歯の寿命を維持したまま美しさを手に入れることができます。

貼り付けるシェルの素材であるセラミックには、表面に汚れがつきにくいという特徴があり、虫歯や歯周病の予防効果も期待できます。

⑤きれいな状態が長く続く

歯垢や色汚れがつきにくいセラミックを素材として使用するため、きれいな状態を長く楽しむことができます。

丁寧なお手入れと定期的なメンテナンスを怠らなければ、10年以上使い続けることも可能です。

【ラミネートベニアのデメリット】

①歯を削る必要がある

少量ではありますが、歯の表面を削る必要があります。

一度削った歯はもとには戻らないため、治療後はラミネートベニアを剥がして天然歯だけで使うということができなくなります。

欠けたり割れたりしたときは、ラミネートベニアの再治療をおこなうか、全体を被せる治療をおこなうかのどちらかになるでしょう。

②保険が適用されない

審美目的の治療は、保険が適用されません。ラミネートベニアもその一つです。

本数が多くなればそれだけ費用がかかるため、その点をふまえて決めることをおすすめします。

失敗や後悔しないために大切なこと

失敗や後悔しないために大切なこと

納得のいく治療を受けるには、まずメリットとデメリットの両方を正しく理解することが大切です。

その上で、信頼できる歯科医院を探しましょう。

歯を削る必要があるラミネートベニアだからこそ、時間をかけて納得のいくまで話し合うことが大切です。

歯科医院によって費用が異なりますが、その内訳を確認することも忘れてはいけません。

シェルを貼り付ける前に使用する仮歯代が料金に含まれていないこともあるため、カウンセリング時に聞いてみましょう。

ラミネートベニアのまとめ

ラミネートベニアのまとめ

すべての治療にいえることですが、メリットだけを見て受けると後悔する可能性があります。

納得のいく治療にするには、メリットとデメリットの両方を正確に把握することが大切です。

その上で、費用や信頼できる歯科医院かどうかを見極めるようにしましょう。

当院では、事前のカウンセリングに十分な時間をかけています。治療に関する疑問やお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

理想の白さや形をできるだけ早く手に入れたい方に、ラミネートベニアはおすすめです。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。