口ゴボをインビザラインで治療した症例を大公開!

矯正歯科 インビザライン

口ゴボをインビザラインで治療した症例を大公開

上下の歯が前方へ突き出ている状態の不正咬合の「口ゴボ」。

口唇が閉じにくかったり、食事中に食塊が口の外へ出てきやすい、口元の突出した盛り上がりなど、外見の印象も気になるといった、私生活の悩みを持つ方もいることでしょう。

また、いざ口元の改善や、矯正治療をしたいと思ってもどんな治療が口ゴボの症例には向いているのか等も気になるところではないでしょうか。

そこで今回は、矯正治療の中でも自分で装置の取り外しができて治療中のストレスが少ないと注目されている「インビザライン」にポイントを絞り、口ゴボの患者さんはどのようにインビザライン治療を進めていくのか、口ゴボの患者さんでインビザラインが難しいケースとはなにか、一部実例を交えてご紹介します。

インビザラインを希望している方だけでなく、矯正治療を思案中の方もぜひ参考にしてみてください。

インビザライン(口ゴボ)の症例とは?

インビザライン(口ゴボ)の症例とは?

上下の歯が前方へ突出している「口ゴボ」。

歯が突き出ていることで顔貌や生活への影響も少なからずあります。

例えば、突き出た前歯を懸命に覆おうとすれば鼻の下が伸びたり、顎の筋肉(オトガイ筋)の過度な緊張で梅干しシワが出現したりと、顔の印象に違和感が生まれます。

また、口唇が閉じにくいことに関連して食べ物が口の外へ出てきやすく、食べこぼしの原因にも繋がります。

では、これらを改善するためには、どのように矯正治療を進めていくのでしょうか。

口ゴボと呼ばれる歯並びについて

口ゴボとは、上下の歯が前方へ突き出ている状態をいいます。

おもに「出っ歯」が原因として挙げられますが、口唇が閉じにくい出っ歯の口元にプラスし、口ゴボ症例の場合は上下の口唇が前に突出した歯を覆おうとする力で、鼻の下が長く見えたり、横顔を見ると鼻先と口元がほぼ同じぐらいの高さになるほど盛り上がって飛び出している場合もあります。

また、口ゴボによって私生活や外見などにも支障をきたすことも多く、例えば口唇が閉じにくいケースでは口呼吸の頻度が増え、口腔内の乾燥や虫歯のリスクが高くなります。

さらに、絶えずポカンと口が開いている状態は、外からのウイルスを喉粘膜にダイレクトで運ぶ危険性もあり、感染症を引き起こしやすくもなります。

外見の具体例では、歯並び以前に突出した口元、鼻の下が長く見える顔貌を気にする方も多く、顔貌だけが主訴で来院された場合には、「歯並びや骨格にも原因があるので治療が必要」ということも、患者さんに分かりやすく説明します。

インビザラインで口ゴボを治す方法

インビザラインで口ゴボを治すには、抜歯を伴うことが多いです。

理由は出っ歯になっている前歯を後ろに引っ込めるためには、ある程度のスペース確保が必要なので第一小臼歯(前から数えて4つめの歯)を抜いて、そこに出来たスペースを利用して前歯を下げていくという治療方法をとります。

このことから軽度の出っ歯であれば、前歯が下がると骨格ごと上下の前歯ともに後ろへさがるので、モコッとした盛り上がりの無い理想的な横顔を獲得することができます。

また、口ゴボの患者さんは口の周りの筋肉が弱かったり、舌に悪癖のある場合も多いため、矯正治療と同時に口腔筋機能療法(MFT)を取り入れるケースもあります。

口腔筋機能療法とは、舌や口唇、頬など、口周囲の筋肉を強化し、正しい位置と力加減で機能させることを目的とする療法です。

治療中から口腔筋機能療法を取り入れることは、舌や口の周りの筋肉を少しずつ改善し、治療がスムーズに進むことにも繋がるため、多くの矯正歯科専門クリニックで採用されています。

インビザラインでは治療ができない場合

口ゴボはインビザラインでも治療は可能ですが、重度の出っ歯や叢生(歯のデコボコが強い)、骨格に問題のある場合は治療できないこともあります。

特に骨格ごと前に突出しているケースでは抜歯をして飛び出た前歯をインビザラインで並べるところまではできますが、前歯全体を後ろに下げる段階はワイヤー矯正でないと治療効果が発揮されないため、結果インビザラインとワイヤー矯正を併用することになります。

患者さんの中には、「ワイヤーをつけるのに抵抗があるからインビザラインだけで治療したい」と思う方も多いと思いますが、重度の症例ではワイヤー矯正も併用することでインビザライン単独で治すよりも、治療期間や装置装着期間が短くなる可能性もあるので、装置の併用は価値のある治療法ということも覚えておきましょう。

インビザライン(口ゴボ)のまとめ

口ゴボのインビザライン矯正は症例によって対処法が異なるため、矯正治療を開始する前に歯科医師とよく相談をして、自分の口腔内環境に合った判断してもらうことが重要です。

インビザライン矯正は口ゴボの患者さんでも可能な症例もありますが、前歯の突出感が強すぎたり、顎の大きさと歯のサイズがアンバランスな場合は、抜歯が必要なこともあります。

また、重症度合いではインビザラインとワイヤー矯正の併用が必要不可欠なケースもあることを覚えておきましょう。

治療計画に抜歯が入っていると、歯の本数が減ってしまうなどの理由からネガティブに思われがちですが、矯正治療では歯をきれいに並べるための十分なスペースが確保できたり、治療がスムーズに進めやすいなどのメリットもありますので、どのような治療方法が自分にとって最適か担当歯科医師に相談してみるのもおすすめですよ。

口ゴボの治療を検討されている方は、まずは歯科クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。