交叉咬合をマウスピース矯正で治療した症例を大公開!

矯正歯科 マウスピース矯正

交叉咬合をマウスピース矯正で治療した症例を大公開!

マウスピース矯正で交叉咬合を治す方法をご紹介します。

交叉咬合がどういうもので、マウスピース矯正でどのように治すのかを知りたい方はぜひご参考ください。

治療内容や料金はこちらをチェック

マウスピース矯正の施術内容・費用を見る

マウスピース矯正(交叉咬合)の症例とは?

マウスピース矯正(交叉咬合)の症例とは?

交叉咬合は、軽度であればマウスピース矯正で治療が可能です。

まずはご自身がどのタイプの交叉咬合なのかを把握することから始めましょう。

交叉咬合と呼ばれる歯並びについて

交叉咬合は、噛み合わせが上下逆になっている状態を指します。

正常な噛み合わせは下顎の歯列を上顎の歯列が覆っています。

1本でも下顎の歯が上顎の歯よりも前に出ている場合は正常とはいえず、下顎全体がずれている交叉咬合は、顎関節への負担もかなり大きいといえます。

交叉咬合のデメリット

  • 顎関節症になりやすい
  • 顔が歪んで見える
  • 発音障害が起こりやすい
  • 首や肩の凝りや痛みを誘発しやすい

マウスピース矯正で交叉咬合を治す方法

交叉咬合の治療は、全体の噛み合わせを変える必要があるため、部分矯正ではなく全体矯正で行います。

前に出ている歯を内側に入れるには、その分のスペースがなくてはいけません。

マウスピース矯正ではできるだけ抜歯をせずに並べられるよう、スペースの確保は奥歯を後ろへずらしたり、歯と歯の間を少し削って対応します。

そこでおすすめしたいのが、マウスピース矯正です。


治療内容や料金はこちらをチェック

マウスピース矯正の施術内容・費用を見る

それでも足りない場合は、抜歯が必要になることもあります。

マウスピース矯正では治療ができない場合

抜歯が必要になった場合は、平行移動で歯を動かして隙間を閉じなければいけません。

しかし、マウスピース矯正は1本1本の歯を固定した矯正方法ではないため、歯の平行移動が苦手です。

歯が斜めに倒れてしまうことも多く、その場合はワイヤー矯正を使って歯の向きを元に戻す必要があります。

重度の交叉咬合の場合は手術が必要になることも

骨格が原因の交叉咬合は、重度の場合だといくら歯列を整えても改善が難しいことがあります。

矯正治療には限界があり、無理に矯正治療のみで変えようとすると、顎関節の負担が増えるだけでなく、かえって見た目が悪くなる可能性もゼロではありません。

骨を削って整える外科手術が必要になるかどうかは、CT撮影を含む精密検査をして調べなくては分からないため、まずは一度歯科医院でご相談ください。

マウスピース矯正(交叉咬合)のまとめ

マウスピース矯正(交叉咬合)のまとめ

交叉咬合は、軽度であればマウスピース矯正での治療が可能です。

重度の場合は、抜歯や外科手術が必要になる可能性があることを覚えておきましょう。

噛み合わせを整えることで顎関節の負担が減り、首や肩こりなどを誘発しにくくなります。

現在既に症状が出ている方は、できるだけ早めの治療をおすすめします。

交叉咬合の治療を検討されている方は、まずは歯科クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

治療内容や料金はこちらをチェック

マウスピース矯正の施術内容・費用を見る

お気軽にご来院・ご相談ください

無料カウンセリング予約する

メールからでもご相談いただけます

無料メール相談はこちら

関連記事

この記事へのコメントはありません。