インビザラインで抜歯が必要な症例とは!?

矯正歯科 インビザライン

インビザラインで抜歯が必要な症例とは!?

矯正治療って「抜歯をする」とよく聞くけど、インビザライン矯正でも抜歯が必要なのかな? と気になる方は多いのではないでしょうか。

ということで今回は、インビザラインで抜歯が必要なケースにはどのような症例があるのか、抜歯をしてもインビザラインでの矯正治療が最後まで継続できるのか、抜歯をして矯正しても、インビザラインでは治療が難しいとされるケースにはどんな症例があるのかなど、実例を交えてご紹介します。

インビザラインで抜歯が必要な症例とは?

インビザラインで抜歯が必要な症例とは?

マウスピース型の矯正装置「インビザライン」ですが、抜歯を検討しなければならない歯並びでは、インビザラインを治療終了まで継続できるのか気になるところではないでしょうか。

ここでは、インビザライン矯正をするにあたり、抜歯が必要な実際の例を交えてご紹介します。

インビザラインは抜歯に対応していることが少ない

抜歯後にマウスピースを着け続けていたら、歯を抜いたスペースは塞がらないのでは? と不安に思う方もいらっしゃると思いますが、実はインビザラインは抜歯をしても治療が可能です。

ここでインビザラインを希望して抜歯が必要となるケースは主に3つ、「歯が萌える(はえる)向きに問題がある」、「歯の位置異常」、「前歯が強く突き出ている」が挙げられます。

抜歯が必要なケースの歯並び

では、抜歯が必要な例をそれぞれ見ていきましょう。1つ目の「歯が萌える(はえる)向きに問題がある」ですが、インビザラインのようなマウスピース型の矯正装置では歯の全面をしっかり覆うことで治療効果を発揮するため、歯の萌える向きが本来の向きと違う場合は、抜歯を伴うインビザライン矯正となるケースが多いです。

矯正治療では、主に第一小臼歯(前から4本目の歯)が抜歯の対象歯になることが多いので、インビザラインにおいても第一小臼歯を抜歯して歯が並ぶ十分なスペースを確保し、矯正治療を進めていきます。

2つ目の「歯の位置異常」とは、八重歯、乱杭歯が代表的です。ちなみに「八重歯」とは犬歯が外側に飛び出している状態の不正咬合。

「乱杭歯」とは顎の大きさと歯の大きさがアンバランスなために歯並びがデコボコで不揃いな状態の不正咬合を表します。

これらの場合も、歯が理想的に、そしてきれいに並ぶよう、余裕のあるスペースの確保が求められます。

先の説明と同様に、主に第一小臼歯を抜歯し矯正治療を行います。

ただし、八重歯や乱杭歯の重症度合いによっては、複数本抜歯が必要であったり、治療期間なども考慮し、インビザラインとワイヤー矯正を併用する場合もあることを覚えておきましょう。

3つ目の「前歯が強く突き出ている」では、インビザラインにおいて歯並びや噛み合わせは改善されても、前歯の突出感が残る場合は抜歯が必要になることもあります。

せっかく理想的な歯並びを獲得できたとしても、口腔内が総合的に改善されなければ、矯正治療が順調に進んだとは言えません。

満足度は人それぞれですが、やはり歯並びだけでなく突出感なども改善してこその矯正治療なのです。

また、「抜歯」というワードを聞くと、どうしてもネガティブなイメージが先行してしまいますが、矯正治療では抜歯をすることで顎の大きさは変えずに歯のデコボコによって突き出た前歯を後ろに移動するスペースが確保できたり、それによって口元の印象も良くなる利点があるので、担当歯科医師とよく相談して抜歯の決断をしてみてはいかがでしょうか。

抜歯ありの歯列矯正(ワイヤー、ブラケット矯正)でも治療できない場合

抜歯を伴っても治療が可能なインビザラインですが、状態によってはインビザラインでの治療が難しい場合もあります。

主に「骨格に問題がある場合」と「抜歯本数が多い場合」が挙げられますが、「骨格に問題がある場合」では上下顎の歪み改善もセットで行う必要があり、手術が併用のため保険治療が適応されます。

しかしながら保険適用はワイヤー矯正のみ対応となり、インビザラインを希望の場合は手術にも保険が効かず、かえって高額な治療費になってしまいます。

次に「抜歯本数が多い場合」は多数の抜歯することで、歯の移動量が大きくなりインビザラインでは治療期間が延びるうえ、歯が倒れ込んでくるなど想定外のアクシデントが起こることがあります。

インビザライン(抜歯あり)のまとめ

インビザライン(抜歯あり)のまとめ

今回は抜歯を伴うインビザラインについて触れましたが抜歯になるケースはいくつかあり、歯の萌え方や位置異常、前歯の突出感などを改善するために抜歯が必要となる場合があります。

また、重度の八重歯や乱杭歯ではインビザラインとワイヤー矯正を併用するケースもあることを覚えておきましょう。

一方、インビザラインが難しい症例として骨格の不調和や多数歯の抜歯が挙げられ、外科的手術を伴うことや治療期間の延長、歯が倒れてくるなどの思いがけないトラブルが出てくる可能性もゼロではありません。

自分の歯並びや骨格はインビザラインで治療ができるのか、担当歯科医師とよく話し合い納得のいく矯正治療を選択しましょう。

インビザラインを検討されている方は、まずは歯科クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。