出っ歯をインビザラインで治療した症例を大公開!

矯正歯科 インビザライン

出っ歯をインビザラインで治療した症例を大公開!

上の前歯が前方へ強く突き出ている状態の不正咬合「上顎前突症」。一般的には「出っ歯」と呼ばれ耳にしたこともあるでしょう。

前歯が突出していることで口唇が上手く閉じれなかったり、口元が緩みやすく食事中に食塊が口の外へ出てきやすい、また、口元の突き出た盛り上がり具合など、外見の印象も気になる悩みを持つ方もいると思います。

ところで、いざ口元の改善や、出っ歯を矯正治療で治したいと思ってもどんな治療が出っ歯の症例には向いているのか等も気になるところではないでしょうか。

そこで今回は、矯正治療の中でも自分で装置の取り外しができて治療中のストレスが少ないと注目されている「インビザライン」にポイントを絞り、出っ歯の患者さんはどのようにインビザライン治療を進めていくのか、出っ歯の患者さんでインビザラインが難しいケースとはなにか、一部実例を交えてご紹介します。

インビザラインを希望している方だけでなく、矯正治療を思案中の方もぜひ参考にしてみてください。

インビザライン(出っ歯)の症例とは?

インビザライン(出っ歯)の症例とは?

唇を飛び越えて前歯が出てしまう「出っ歯」の口元が気になる方もいるでしょう。

前歯が突き出ているせいで、唇が閉じにくくなったり、前歯で食べ物を噛み切れないなどの症状は、生活に大きな悪影響を与える場合もあるのです。

例えば、唇が閉じられないことは、口まわりの筋力の衰えや外傷にも繋がるリスクがあり、前歯で食べ物を噛み切れないことは、食塊を丸飲みして消化不良を引き起こしやすくもなります。

ここでは、そんな「出っ歯」が引き起こすリスクを取り上げながら、実際にインビザラインではどのようにアプローチしていくのかをご紹介します。

出っ歯と呼ばれる歯並びについて

一般的には前歯が出ていたら出っ歯という認識が高いと思いますが、矯正分野ではそのほかに上顎が過度に前方へ出ている状態も指し、歯科の専門用語では総じて「上顎前突症(じょうがくぜんとつしょう)」という診断名がつきます。

主な症状としては、唇がうまく閉じられず口元がゆるい、前歯で食べ物が噛みにくいなどが挙げられ、中には強く突き出た前歯と口唇の違和感から見た目の印象に悩む方もいらっしゃいます。

インビザラインで出っ歯を治す方法

出っ歯になる原因はいくつかありますが、代表的な治療方法としては抜歯との併用が挙げられます。

矯正治療において抜歯はほとんどのケースで第一小臼歯(前から数えて4つ目の歯)が抜歯の対象歯になることが多いので、出っ歯(上顎前突症)でも第一小臼歯を抜歯してスペース確保を行います。

では、具体的にどのような方法で治療を進めて行くかをご紹介します。

たとえば、歯と歯が強く重なって出っ歯になっていることが原因であれば、抜歯をして歯がきれいに並ぶためのスペースを確保し、インビザラインで矯正することである程度の出っ歯は改善されます。

また、骨格的に上顎が前に出て出っ歯になっていることが原因であれば、まずスペース確保のための抜歯、その後インビザラインで歯並びを整えていきます。

ですがこの場合、インビザラインのみの治療では骨格自体を改善させることが出来ないのでインビザラインで歯をきれいに並べた後、新たにワイヤー装置などで矯正が必要となります。

さらに、出っ歯の患者さんは口周りの筋肉がゆるんでいたり、舌に悪癖がある場合も多いため矯正治療と並行して口腔筋機能療法(MFT)を取り入れることもあります。

口腔筋機能療法とは、舌や口唇、頬など、口周囲の筋肉を強化し、正しい位置と力加減で機能させることを目的とする療法です。

治療中から口腔筋機能療法を取り入れることは、舌や口の周りの筋肉を少しずつ改善し、治療がスムーズに進むことにも繋がるため、多くの矯正専門クリニックで採用されています。

インビザラインでは治療ができない場合

歯科医師は矯正治療前に行う検査からどの程度の上顎前突(出っ歯)なのかある程度分析することが可能なため、もし重度の上顎前突の患者さんがインビザラインを希望されている場合は、より慎重に治療方法を考える必要があります。

抜歯を適用したり、歯がきれいなアーチ状に並ばないなどスペースに余裕がない場合は上顎に直接アプローチする装置を併用しなければならず、治療期間から見てもインビザラインは現実的ではありません。

また、骨格の位置を治す外科手術が必要となるケースもありますので、上顎前突でのインビザラインを希望する場合は治療期間、治療費ともに担当歯科医師とよく相談することをおすすめします。

インビザライン(出っ歯)のまとめ

歯のブリッジをして後悔……代表的な失敗例と対策を現役歯科院長が徹底解説!

今回は出っ歯のインビザライン矯正に注目してみました。

一般的に知られている「出っ歯」は、大体が前歯が唇を飛び越えて前に突き出ている状態を表しますが、矯正歯科においてはそれに加え、上顎が過度に出ている状態も出っ歯に含まれることを覚えておきましょう。

出っ歯の矯正治療はインビザラインをする、しないに関わらず、ほとんどの場合で抜歯をして十分なスペース確保を行い、それぞれの患者さんが持つ顎の大きさと照らし合わせながら理想的な歯並びの獲得を目指します。

さらに、出っ歯により衰えてしまった口まわりの筋力向上や、舌の悪癖を改善する必要もあるので、歯科医師や歯科衛生士が適宜、口腔筋機能療法(MFT)にてトレーニングを行い、歯並びだけでなく、口まわりも正しく機能するように働きかけます。

また、「出っ歯」と言っても治療方法は様々あり、重症度合いによっても治療が可能なもの、そうでないものもありますので、担当歯科医師とよく相談して納得のいく矯正治療を選択しましょう。

出っ歯の治療を検討されている方は、まずは歯科クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。