受け口をインビザラインで治療した症例を大公開!

矯正歯科 インビザライン

受け口をインビザラインで治療した症例を大公開!

上顎と下顎のサイズがアンバランスで、上下の噛み合わせが逆になっている不正咬合の「反対咬合」や「下顎前突症」。

一般的には「受け口」や「しゃくれ」とも呼ばれ、下顎が前に突出しているのが特徴的です。

顎の長さや顔貌のゆがみなど見た目を気にする方も多く、ニコッと笑ったときに突き出た下顎が目立つなど、私生活や審美面での悩みを持つ方もいることでしょう。

また、いざ治療をしたいと思ってもどんな治療が反対咬合、下顎前突症の症例には向いているのか等も気になるところではないでしょうか。

そこで今回は、矯正治療の中でも自分で装置の取り外しができて治療中のストレスが少ないと注目されている「インビザライン」にポイントを絞り、反対咬合、下顎前突症の患者さんはどのようにインビザライン治療を進めていくのか、反対咬合、下顎前突症の患者さんでインビザラインが難しいケースとはなにか、一部実例を交えてご紹介します。

インビザラインを希望している方だけでなく、矯正治療を思案中の方もぜひ参考にしてみてください。

インビザライン(受け口)の症例とは?

インビザライン(受け口)の症例とは?

受け口をインビザライン矯正で治療するにはどのようなステップがあるのか、そもそも「受け口」と呼ばれる歯並びの状態とはなにか、など疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

ここでは、具体例を挙げながら受け口の患者さんがどのように矯正治療を進めて行くのか、インビザライン矯正治療を希望する際に知っておきたい情報も交えてご紹介します。

受け口と呼ばれる歯並びについて

「受け口」とは下の顎が過度に前方へ出てしまって上下の噛み合わせが反対になっている状態をいいます。

聞き慣れたところではいわゆる「しゃくれ」の状態と言えば口元の想像がつきやすいのではないでしょうか。

歯科の専門用語では「下顎前突症(かがくぜんとつしょう)」や「反対咬合(はんたいこうごう)」という診断名がつき、程度の重さによっては、保険診療が効く外科矯正治療を選択することが可能です。

また、一口に「受け口」といっても様々な原因によって対処法が異なりますが骨格に問題のある場合がきわめて多く、中でも下顎前突症は遺伝的な要因も強いため、比較的若年から矯正治療の対応が望ましいとされています。

インビザラインで受け口を治す方法

受け口の原因は様々ですが、代表する原因はある程度絞ることができます。

まず、歯の萌えかたに問題がある「歯の位置異常」や、指しゃぶり、口呼吸、舌癖(舌で歯を押したりする癖)などの「悪癖」が原因の受け口であれば、症状の程度にもよりますがインビザラインで治療できる場合があります。

治療方法としては、上下逆になっている前歯を正しい噛み合わせに戻すために、まず抜歯をしてスペースを作りインビザラインにて歯を移動させていくという治療が具体的なところでしょうか。

それにプラスして悪癖のある場合は、改善させるトレーニングや他医療機関などと連携して治療を行い、矯正治療終了後も悪癖による後戻りを防ぎます。

また、インビザラインは受け口に限らず、アタッチメントという透明の膨らみを歯の正面に取り付けます。

これは、歯の移動距離や移動速度、角度に加える力を補助的に助ける働きがあり、抜歯を伴うインビザライン矯正では非常に効果的な機能といえます。

インビザラインでは治療ができない場合

インビザラインで受け口を治す方法⇒

先にお話しした通り「受け口になる原因」は様々あり、その原因(ケース)によってインビザライン矯正が可能か不可能かを判断のひとつとします。

具体的には、受け口でも軽度の歯の位置異常が原因であればインビザラインが適応になる場合がありますが、骨格に原因のある受け口では歯並びの治療だけでなく顎の骨の手術(外科矯正治療)も必要になることがあり、このような大掛かりな処置にはインビザライン矯正は現実的ではありません。

また、治療に伴い複数の抜歯が必要であったり、先天的(生まれつき)に歯の本数が足りない場合などには歯を動かす距離が長くなることがあるため、インビザラインは対応できない場合があります。

インビザライン(受け口)のまとめ

インビザライン(受け口)のまとめ

今回は受け口のインビザライン矯正に注目してみました。

一般的に、しゃくれや受け口と言われる「下顎前突症」は、遺伝的な要因はもちろん、歯並びだけの原因か骨格性の原因かによっても対処法が異なるため、矯正治療前に「自分はどんな受け口のタイプなのか」を歯科医師から判断してもらうことが重要です。

また、たとえ受け口でも軽度な場合や、顎骨がまだ軟かい若年層などではインビザラインの可能な症例もありますが、重症度合いによっては抜歯を必要としたり、顎の手術を伴う「外科矯正治療」を選択した方が治療期間や費用面で患者さんの負担にならないこともあります。

一昔前と比べて、矯正治療も患者さんが幅広い治療方法から選べるスタイルに変わりつつあるので、どのような治療方法が自分にとって最適か担当歯科医師に相談してみるのもおすすめですよ。

受け口の治療を検討されている方は、まずは歯科クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。