八重歯を部分矯正、前歯矯正で治療した症例を大公開!

矯正歯科 部分矯正・前歯矯正

八重歯を部分矯正、前歯矯正で治療した症例を大公開!

日本では、八重歯には童顔効果があり、可愛らしく幼い印象を持たれるため、若い女性やアイドルなどのチャームポイントになっているケースがあります。

そのため、どちらかというと八重歯は人気があり「悪い歯並び」という印象を持たれにくいのではないでしょうか。

しかし、海外での八重歯に対する反応は「単純に悪い歯並び」として捉えられています。

それだけでなく、八重歯はドラキュラをイメージするため、どちらかというと嫌われる傾向にあるのです。

八重歯が気になっている方の中には、「八重歯だけを部分矯正で綺麗な歯並びに出来ないかな?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、「八重歯の部分矯正、前歯矯正」についての基礎知識や「八重歯を部分矯正、前歯矯正で治療した症例」をまとめてご紹介します。

八重歯の部分矯正、前歯矯正に関心があり知識を得たいという方や、実際の症例を確認したいという方はぜひ最後までご覧ください。

部分矯正、前歯矯正(八重歯)の症例とは?

部分矯正、前歯矯正(八重歯)の症例とは?

部分矯正や前歯矯正で八重歯を治療するのに向いているのは下記の3つの条件を満たす方です。

1.八重歯のみに問題がある歯並びの方

八重歯の生え方に少しだけねじれが生じているケースや、八重歯がほんの少し隣の歯と重なっているケースが適応になります。

2.八重歯を歯列におさめるためのスペース不足が3ミリメートル以下の方

前歯の歯列から飛び出している八重歯を正しい位置におさめるためには、前歯にそれなりのスペースが必要となります。

部分矯正で作り出せるスペースは3ミリメートルほどのため、それ以上のスペースを作り出す必要があるケースは全体矯正の適応になりますが、3ミリメートル以下の場合は適応となります。

また、もともとの歯列に隙間がある場合はその隙間を、歯を動かすスペースとして利用することが出来ます。

3.噛み合わせに問題の無い方

歯列全体の噛み合わせや歯並びには問題がなく、軽度の八重歯矯正治療をしたい方に向いています。

ご自分の歯並びが部分矯正で八重歯を治療出来るかについては、矯正専門医にしっかりと相談し、診断をしてもらうようにしましょう。

八重歯と呼ばれる歯並びについて

八重歯とは、犬歯(糸切り歯)が、正常な歯列に並びきらずに外側に出てきて、他の歯と重なり合ってしまった状態を指します。

部分矯正、前歯矯正で八重歯を治す方法

  • ワイヤーでの部分矯正

矯正治療が必要な部分の歯にブラケットとワイヤーを装着して歯を動かしていきます。表側、裏側どちらでも可能です。

  • マウスピースでの部分矯正

インビザライン、インビザラインGo、格安マウスピース矯正などの種類があり、透明なマウスピースを装着することで部分矯正が可能です。

部分矯正、前歯矯正できない場合

八重歯の矯正治療を部分矯正、前歯矯正で行いたいと希望される方は多いですが、部分矯正で対応出来る症例がかなり限定されているということも事実としてあります。

八重歯の部分矯正、前歯矯正が出来ない症例は下記の3つになりますので、参考にしてみてください。

1.八重歯以外にも悪い歯並びが併発している症例

八重歯の方は、出っ歯も併発していたり、全体的な噛み合わせに問題がある場合も多く、そういったケースでは部分矯正での対応が難しく、歯列全体を動かしていく方法をとる必要があります。

2.八重歯を歯列におさめるためのスペース不足が3ミリメートル以上の症例

部分矯正では、抜歯や歯列拡大などの処置はしないため、健康な歯の表面を生活に影響がない程度に少量ずつ削ってスペースを生み出します。

その処置で生まれるスペースは3ミリメートル程のため、3ミリメートル以上歯を動かすためのスペースが必要な場合は部分矯正での対応が難しくなります。

3.噛み合わせが深い(過蓋咬合)の症例

噛み合わせが深く、正面から見て上の前歯に下の前歯が覆いかぶさる状態を「過蓋咬合」と呼びます。

この場合、矯正治療終了後に後戻りを防ぐために歯の裏側に装着する保定装置がうまくつけられず、後戻りをする可能性が高くなってしまいます。

まずは全体矯正で「過蓋咬合」を治す矯正治療をしていく必要があるのです。

部分矯正、前歯矯正(八重歯)のまとめ

部分矯正、前歯矯正(八重歯)のまとめ
  • 部分矯正や前歯矯正で八重歯を治療するのに向いているのは、八重歯のみに問題がある歯並びの方、八重歯を歯列におさめるためのスペース不足が3ミリメートル以下の方、歯列全体の噛み合わせや歯並びには問題がない方。
  • 八重歯とは、犬歯(糸切り歯)が、正常な歯列に並びきらずに外側に出てきて、他の歯と重なり合ってしまった状態のこと。
  • 部分矯正、前歯矯正で八重歯を治すには、表側、裏側のどちらかにワイヤーとブラケットを部分的に装着するか、マウスピースでの部分矯正も可能。
  • 八重歯の部分矯正、前歯矯正が出来ない症例は、八重歯以外にも悪い歯並びが併発している症例、八重歯を歯列におさめるためのスペース不足が3ミリメートル以上の症例、噛み合わせが深い(過蓋咬合)の症例の3つ。

八重歯の治療を検討されている方は、まずは歯科クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。