裏側矯正で抜歯が必要な症例とは!?

矯正歯科 裏側矯正(舌側・リンガル矯正)

裏側矯正で抜歯が必要な症例とは!?

「裏側矯正で抜歯が必要な場合ってどんな歯並び?」「裏側矯正って抜歯した方が最終的に綺麗な歯並びになるのかな?」

裏側矯正を検討されている方の中にはこのような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では裏側矯正をする際に抜歯が必要な理由や適応するケースについての説明、抜歯をおこなってから裏側矯正を行う際のメリットとデメリットについて紹介しています。

裏側矯正で抜歯が必要な症例とは?

裏側矯正で抜歯が必要な症例とは?

裏側矯正で抜歯はなぜ有効なのか?

歯列矯正を行う場合、裏側矯正、表側矯正のどちらを選択したとしても、全てのケースで抜歯が必要という訳ではありません。

しかし、小さな顎に大きく厚みのある歯が生えているケースでは、歯が綺麗に並びきらずにでこぼこな歯並びになってしまったり、八重歯となっている事も少なくありません。

より整った綺麗な歯並びを目指すためには、抜歯を行ってから歯を並べるスペースを十分確保した上で矯正治療をスタートさせるケースが多いのです。

裏側矯正は、奥歯を起点として後方に歯を引き込んでいく方法で歯を動かし、歯並びを整えていくことを得意としています。抜歯によってできたスペースに、しっかりと歯を移動させていけるのです。

抜歯ありの裏側矯正のメリットとデメリット

抜歯ありの裏側矯正のメリットとデメリットは次の通りです。メリット、デメリットをしっかりと比較して検討したいという方はぜひ参考にしてみてください。

【メリット】

  • 上下の歯並び、噛み合わせを整える事ができる
  • 見た目、口元のバランスが良くなる
  • 前歯が引っ込みやすい
  • 後戻りのリスクを軽減できる
  • 口元全体が前に出てしまうことがない

【デメリット】

  • 健康な歯を抜歯する必要がある
  • 抜歯なしの矯正治療と比較すると期間が長くなる

抜歯をする方が治療の成功率は上がる?

抜歯をする方が治療の成功率が上がるかどうかは、最終的にどのような歯並びを目指すかによっても変わってきます。

しかし、一般的に抜歯をする方が治療の成功率が上がる可能性の高い症例が3つあるため、ご紹介していきます。

【ケース1】歯並びがでこぼこになってしまっている叢生(そうせい)の症例

顎が小さく、歯が大きい場合に歯列におさまりきらずにでこぼこになってしまっている場合に、歯の本数を顎の広さに合わせられると歯列を整えやすくなります。

また、歯列矯正をした際の歯茎が下がる、噛み合わせが悪くなるなどのトラブルが生じにくくなり、顔つきが変化するというリスクを防ぐことが出来ます。

【ケース2】親知らずが横向きや斜め向きに生えてしまっている症例

親知らずが別の歯を押す力がかかることや歯茎を圧迫してしまうことがあります。

そのまま歯列矯正をおこなっても歯並びは改善しにくく、最悪の場合親知らずが理由で歯並びが更に悪化してしまうこともあるため親知らずの抜歯は必要なことが多いです。

【ケース3】上下のあごにズレが生じてしまっている症例

上下のあごの位置のズレが大きいと、歯並びに問題が出ることが多いです。

ズレを解決する治療方法として外科手術がありますが、抜歯を行った場合は歯を動かすスペースをしっかりと空けることが出来るため手術なしで歯並びを綺麗に整えることができるようになります。

※個人差があるケースもございます。詳細やご不明点は矯正専門歯科へご相談ください。

抜歯ありの裏側矯正でも治療できない場合

【ケース1】顎変形症などのあごの骨から治療した方が良い歯並び

顎の骨は外科手術をしないと治すことができず、抜歯をしたとしても治療が難しいケースがございます。

【ケース2】重度の歯周病や虫歯がある場合

重度の歯周病がある場合や、歯根に大きな問題があるような虫歯がある場合は矯正治療の対象にはなりません。

歯列矯正をするかどうか決める前に、歯やお口の中の健康状態をチェックしておくことをおすすめします。

裏側矯正(抜歯あり)のまとめ

裏側矯正(抜歯あり)のまとめ
  • より整った綺麗な歯並びを目指すためには、抜歯を行ってから歯を並べるスペースを十分確保した上で矯正治療をスタートさせるケースが多い。
  • 裏側矯正は、奥歯を起点として後方に歯を引き込んでいく方法で歯を動かし、歯並びを整えていくことを得意としているため、抜歯によってできたスペースに、しっかりと歯を移動させていくことが出来る。
  • 抜歯ありの裏側矯正のメリット:上下の歯並び、噛み合わせを整える事ができる、見た目、口元のバランスが良くなる、前歯が引っ込みやすい、後戻りのリスクを軽減できる、口元全体が前に出てしまうことがない
  • 抜歯ありの裏側矯正のデメリット:健康な歯を抜歯する必要がある、抜歯なしの矯正治療と比較すると期間が長くなる
  • 一般的に抜歯をする方が治療の成功率が上がる可能性の高い症例は、叢生(そうせい)や親知らずがまっすぐに生えていない症例、上下の顎にズレが生じている症例の3つ。
  • 抜歯ありの裏側矯正でも治療出来ない場合は、顎変形症などのあごの骨から治療した方が良いケースや、重度の歯周病や虫歯があるケース。

裏側矯正を検討されている方は、まずは歯科クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。