セラミックは自費治療?保険治療と自費治療の違いについて歯科医院の現役院長が徹底解説

審美歯科 セラミック矯正

セラミックは自費治療?保険治療と自費治療の違いについて歯科医院の現役院長が徹底解説

セラミック治療は保険治療なのか、それとも自費治療なのか気になったことはありませんか?

結論から申し上げると、セラミック治療は自費治療となります。

「保険治療と自費治療って何が違うの?」という方のために、保険治療では得られないメリットと、セラミック治療のおすすめ素材についてもまとめました。

セラミック治療をご検討中の方は、ぜひご参考ください。

自費治療とは?

自費治療とは?

自費治療とは、健康保険が使えない治療を指します。

全額負担となるため、支払い額が高額になることも珍しくありません。

審美目的で行われる治療は自費となるケースが多く、歯科ではホワイトニングをはじめ、矯正治療やセラミック治療、インプラント治療などが対象となります。

金額を自由に設定できるため、歯科医院によって差がでやすく、相場を知らなければ損をしてしまう可能性もゼロではありません。

しかし、安ければいいというわけでもないため、実績や土地代なども含めて納得のいく費用設定をしている歯科医院を選ぶとよいでしょう。

費用相場を事前に確認しておくことも大切です。

保険治療との違い

保険治療との違い

保険を使用するには、一定のルールが存在します。

病名がつく治療であることや、請求を数回に分けるなど、おこなう内容によっても条件は異なります。

例えば、歯科の定期検診でおこなうクリーニングは保険が適用されますが、1回でもできる処置を2回に分けなくてはいけません。

通院回数を減らしたくても、保険を使用する以上そのルールを守る必要があります。

時間に制限があることも、保険治療ならではといえるでしょう。

また、保険治療では使用できる素材にも限りがあります。

審美性に特化した素材は保険治療で使用できないものばかりであるため、注意が必要です。

治療で何を重視するかをご自身で決めておくことで、納得のいく治療が実現しやすくなります。

歯の寿命(治療サイクル)

歯の寿命(治療サイクル)

自費治療と保険治療では、仕上がりに差が出る傾向にあります。

肉眼でおこなうことの多い保険治療に対し、自費治療は視野を拡大できるマイクロスコープを使うことが可能です。

機材自体が高額であるため導入していない歯科医院も多いですが、肉眼とはくらべものにならないほど精度が上がります。

精度が上がればそのぶん治療後のトラブルが起こりにくくなるため、結果的に歯を失うリスクを下げることにつながります。

自費治療を受ける際は、その点も意識して歯科医院を探すとよいでしょう。

【治療を重ねるごとに歯を失うリスクは上がる】

虫歯治療は、組織を完全に回復させるのではなく、あくまで人工物で補う治療法です。

歯を削ればそれだけ面積は減っていき、ヒビが入ったり、割れたりなど、トラブルが起こるリスクが上がります。

完全に割れてしまうと抜歯をせざるを得なくなるため、注意が必要です。

自分の歯をできるだけ残したい方は1回1回の治療の質に注目し、虫歯や歯周病にならないための対策を心がけましょう。

普段のお手入れが重要となるため、自信のない方は積極的にブラッシング指導をお受けください。

当院では、患者様一人ひとりに合わせた磨き方を、分かりやすくお伝えしております。

セラミック治療の費用

セラミック治療の費用

セラミック治療は、自費治療となるため歯科医院によって費用に差があり、選ぶ素材によっても変わってきます。費用相場は4万円〜18万円(税込)です。

部分的な詰め物であるインレーもしくは、全体を被せるクラウンのどちらかになりますが、こちらは患者様が選ぶことはできません。虫歯の大きさによって決まります。

事前の検査代や治療後のメンテナンス代は別途必要となるケースがほとんどです。

費用について気になることがあれば、遠慮せずに確認しましょう。

【人気の素材は「オールセラミック」】

セラミック治療で人気の素材は、金属を含まず、透明感のある見た目をしたオールセラミックです。

天然歯そっくりに仕上げられるため、隣接する歯が天然歯であれば恐らく区別はつきません。

長期間使っても歯の根元や歯ぐきが黒ずむ心配もなく、セラミック素材の効果として歯の表面に汚れがつきにくくなります。

オールセラミックの費用相場は、8万円〜18万円(税込)です。

【安さを追求するなら「ハイブリッドセラミック」】

ハイブリッドセラミックは、セラミック治療のなかで唯一、保険適用の可能性がある素材です。

前歯より後ろにある3本(4番、5番、6番の歯)が対象であれば、保険が適応されます。

どの歯が対象か分からない方は、お気軽にご相談ください。

素材のメリットとデメリットも合わせてくわしくお伝えいたします。

セラミックの自費治療についてのまとめ

セラミックの自費治療についてのまとめ

セラミック治療は、保険が適用されない自費治療です。

費用はかかりますが、仕上がりが良く、使用する機材によっては歯を失うリスクを下げることができます。

歯科医院や選ぶ素材によって費用は変わるため、事前に確認をとりましょう。

より自然にみせたい方は「オールセラミック」を、安さを追求するなら「ハイブリッドセラミック」がおすすめです。

素材ごとのメリットとデメリットも正しく把握し、納得のいく治療を受けるようにしてください。

当院では、治療前のカウンセリングや検査に時間をかけています。

セラミック治療をご希望の方は、ぜひ一度ご相談ください。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。