八重歯をマウスピース矯正で治療した症例を大公開!

矯正歯科 マウスピース矯正

八重歯をマウスピース矯正で治療した症例を大公開!

マウスピース矯正で八重歯を治す方法をご紹介します。

八重歯がどういうもので、マウスピース矯正でどのように治すのかを知りたい方はぜひご参考ください。

マウスピース矯正(八重歯)の症例とは?

マウスピース矯正(八重歯)の症例とは?

マウスピース矯正を使って八重歯を治す方法をご紹介します。

基本的に、八重歯を矯正治療で治すにはスペースの確保が欠かせません。そのため、場合によっては抜歯が必要になることもあります。

八重歯になる原因とその治療法について正しく把握しましょう。

八重歯と呼ばれる歯並びについて

八重歯は2番目の歯が内側に入り、3番目(犬歯)が前に出ているケースを指します。

歯が重なっている状態を専門用語では「叢生」といいますが、八重歯は叢生の一種です。

遺伝の関係で顎が小さかったり、乳歯の脱落遅延が原因でなることもあります。

八重歯のデメリット

  • 噛み合わせが悪くなる
  • 歯が重なっていることで虫歯や歯周病のリスクが上がる
  • 犬歯がほとんど機能しない

マウスピース矯正で八重歯を治す方法

重度の八重歯でなければマウスピース矯正で治療が可能です。

方法としては、まず八重歯が並ぶだけのスペースを確保し、その後八重歯の位置を徐々に降ろしていく流れとなります。

抜歯をせずにスペースを確保する方法には、全体矯正で奥歯を後ろにずらしたり、歯と歯の間を少しだけ削ってスペースを作るなどがあります。

1本の歯の見た目が大きく変わるほど削るわけではありませんので、ご安心ください。

顎堤(歯が生えている土手状に盛り上がった歯ぐき)の横幅に余裕があれば、歯列全体を少し広げて余裕を作る場合もあります。

マウスピース矯正では治療ができない場合

全体矯正で奥歯を後ろへずらしたり、歯と歯を削るなど、できる限りの処置をしてもスペースが足りないと判断した場合は、抜歯を検討しなくてはなりません。

抜歯が必要な症例は、マウスピース矯正のみでの治療は難しく、過程の中でワイヤー矯正と併用して進めていく可能性が高くなります。

抜歯をする歯は八重歯ではなく小臼歯

矯正治療全般にいえることですが、抜歯が必要となった場合、対象となる歯は問題の歯ではなく、歯列の中心にある小臼歯となる可能性が高いです。

理由は、審美的にも全体の噛み合わせ的にも、最も支障をきたさない歯であるからです。

もちろん絶対ではありません。問題の歯が重度の虫歯であったり、神経を既に失っている歯であれば抜歯の対象となることもあります。

しかし、八重歯である犬歯は、全体の中で最も歯根が長い歯です。

歯根が長ければそれだけ丈夫で長持ちしやすいため、よほどの理由がない限り抜くことはありません。

マウスピース矯正(八重歯)のまとめ

マウスピース矯正(八重歯)のまとめ

マウスピース矯正で八重歯を治すことは可能です。

しかし、重度の八重歯の場合は、抜歯も検討しなくてはなりません。

マウスピース矯正とワイヤー矯正を併用して治療することで、よりバランスの取れた歯並びを手に入れることができます。

併用する場合のワイヤー矯正は、治療終了まで続くわけではなく、特定の歯が希望の位置まで動いた後に歯の表面に貼り付けた装置は撤去します。一時的なものですのでご安心ください。

目立ちにくい矯正で八重歯を治したい方は、ぜひマウスピース矯正をご検討ください。

WITH DENTAL CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。